リースバックのメリットを教えます

近年コロナ禍の影響で、収入が少なくなって住宅ローンの支払い等が厳しく感じている方も多いでしょう。そのような方の中には、お持ちの不動産を売却することを検討している方もいるとおもいます。しかし、売却することを検討するよりはリースバックという方法を検討してみるのも一つの手です。この方法は不動産を売却するというのは、通常の売買とおなじですが、違いは不動産賃貸借契約を締結することです。

つまり、不動産を売却するため所有権は買主に移転しますが、賃貸借契約があるため買主に賃料を支払う形で住み続けたり利用することが出来まるという点が大きなメリットといえるでしょう。しかし、リースバックのメリットはこれだけではありません。売却は不動産買取業者が購入する形で行われるため、通常の売却のように仲介手数料等の諸費用がかかることはなく、節約して売却できます。また対象となる不動産は住宅に限られず店舗等の事業性のある不動産も対象となります。

そして、売買代金は一括して受け取ることが出来、使い道に制限がないというのもリースバックの大きなメリットといえるでしょう。従って、日々の生活資金の足しにすることはもちろん、子供の教育資金や事業資金に転用することも可能です。さらに、所有者が変更されているため固定資産税等の公租公課を負担する必要はありません。また相続させることは現状では不可能ですが、買戻しすることを認められていますので、将来相続させることが出来るというメリットもあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*