crm, IT・通信関連, ツール

crmのツールで営業のタイミングを調整する

新しい顧客を獲得する目的で電話営業を繰り返しても、初回のアポを獲得するのが困難で悩む企業がcrmのツールを導入すると、短期間で業績を伸ばせる可能性があります。電話営業に失敗するのは顧客のデータが不足していて、相手が興味を持ちそうな情報を提供できないのが原因の一つです。crmのツールには顧客の情報が大量に保存されていて、特定の商品やサービスを顧客が求めるタイミングなども予測できます。相手が商談に興味を持ちそうなタイミングを考えて、電話営業を集中的に行うことで新しい顧客を獲得することが可能です。

商談の内容を分析する機能がついているcrmのツールは、何を伝えると相手の興味を引けるのかといったデータの蓄積に役立ちます。相手が興味を持たない話を一切せずに営業活動を進めることが、成功の秘訣だと考えてcrmのツールを導入する企業も珍しくありません。顧客の反応を一つずつまとめていくことで、営業担当者を引き継ぐ際にも有用なデータとして活用できます。商談のレポート作成機能が充実しているcrmのツールは、レポートが完成するまでにかかる時間が長すぎるといった問題を解決できるのも便利な点です。

顧客ごとに商談の進捗状況をまとめて数値やグラフとして可視化することで、集中的にアプローチをするべき相手を見つけやすくなります。誰に電話営業をするべきなのかも分からず、リストの上から順番に商談を持ちかけていたという企業は、データを活用して今までと違う戦略を考えてください。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です