化粧水に含まれることが多いエイジングケア成分とは

化粧水は洗顔後、最初に付けるスキンケア製品で肌に潤いを与えることに特化しています。

化粧水のエイジングケアの様々な相談を受けることができます。

肌が乾燥しているとそれはしみやしわ、たるみなどの様々なトラブルの原因となります。


ですから化粧水を利用して肌を保湿することは、それだけでもエイジングケアになると言うことができます。ただ化粧水の中には、エイジングケアに効果的な成分が含まれていることも多くあります。


ですからエイジングケアにより力を入れたいと言う場合は、そのような成分に注目して化粧水を選択するのもひとつの方法です。

具体的にどのような成分が配合されているのかと言うと、ひとつはビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体のビタミンCは、非常に抗酸化力、肌細胞の酸化に対抗する機能に優れている成分です。

更に肌弾力を構成しているコラーゲンの生成を助ける作用を持っています。
ただしビタミンCのままでは壊れやすく肌に届きにくいと言う弱点があったのですが、ビタミンC誘導体はその弱点をクリアした成分です。ですからビタミンC誘導体が配合された化粧水を利用すれば、効率よくエイジングケアを行うことが可能です。
そしてセラミドも含まれていることが多い成分です。

セラミドは保湿力に特化した成分なのですが、ただ肌に潤いを与えると言う機能以外にも肌自らが潤いを生み出す機能を改善すると言う作用も持っています。



そのため肌乾燥を防ぐ作用が、他の保湿成分に比べると高いと言うことができ、そこからエイジングケアにも良い作用をもたらすことができます。



セラミドは肌に元々存在している成分なので、刺激が少なく敏感肌の人でも安心して利用できると言うのも魅力です。