乾燥肌の人が化粧水を選ぶポイント

乾燥肌の人が化粧水を選ぶ際には、幾つかのポイントを押さえた上で賢く選ぶことが必要です。
基本的に言って、乾燥肌は普通の肌と比べて刺激に弱いという特徴があります。


そのため、成分表示をよく見てできるだけ刺激の少ないものを選ぶようにしたいものです。
一般的に言って、アルコールやエタノールといった成分が多く含まれている化粧水を使うと、大切な肌の水分を必要以上に奪ってしまうことがあります。
それで、それらの成分が多く配合されていないものを選ぶのがポイントです。
また、着色料や香料といった肌に刺激を与えかねない成分が含まれていない化粧水を選びましょう。
さらに、乾燥肌の人が使う化粧水として是非とも避けたい成分の一つは、ビタミンC誘導体です。

実際、ビタミンC誘導体は大変有効な成分で、皮脂の分泌をコントロールしたり新陳代謝を促したりする作用があります。


しかし、乾燥肌の人がこの成分をつけると、皮脂の分泌がコントロールされて皮脂の量が少なくなってしまい、肌の乾燥を一層進行させてしまう結果になると言われています。

化粧水の乾燥肌情報があります。

では、乾燥肌の人が使うとよいお勧めの成分には一体何が含まれるのでしょうか。



その一つはセラミドと呼ばれる成分です。

非常に高い保湿力を誇るセラミドは、コラーゲンやヒアルロン酸以上に効果がある成分として知られています。
特に天然のセラミドが配合されている化粧水なら、合成のセラミドよりも高い効果を期待できるでしょう。