眼精疲労の改善にはマッサージがおすすめ

仕事でパソコンを長時間使用する機会が多い方や、スマートフォンをつい長く見続けてしまう習慣がある方などは、通常よりも目が疲れやすい状態になりやすく眼精疲労の症状が起こりやすくなります。眼精疲労は目の周りの血流が低下してしまっている状態なので、放置していると体の様々な不調を引き起こしてしまう危険があるため、定期的に目元の血流を改善するためにもホットタオルをまぶたの上にあてたり、マッサージを行う方法がおすすめです。ホットタオルは自宅では手軽に行える眼精疲労対策ですが、外出先では気軽に用意することができないので手軽に行えるマッサージ方法をマスターしておけば、疲れたなと感じたときにすぐに実践できるので便利です。眼精疲労に効果的なマッサージ方法は、目の周りの筋肉をしっかりほぐすことを意識的におこなうことで、目元のむくみが改善しパッチリとした目元を取り戻すことができます。

まず眉毛の下にあるくぼみに対して、左右の親指を外側に10回ほど優しく押します。鼻の付け根に親指と人差し指でつまむようにして上に4回ほど押し、こめかみを人差し指で10回押し、下まぶたから指1本分下を目安として、人差し指で10回ほど押すといった動作を丁寧に行います。マッサージを行う際に気をつけるポイントは、目元は非常にデリケートな部分なので、力を込めて押すのではなく優しく丁寧を心がけましょう。マッサージを行った後は目薬を左右にさして、5分ほど目を閉じれば短時間でも目が光から遮断され十分に休めることが可能です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*