眼精疲労の回復に役立つ食べ物と調理法

目がかすむ、白目が充血してしまうという症状に悩まされている方はいませんか。それは眼精疲労というもので、昨今では若い世代の方も多く発症をされています。日本をはじめ世界各地でデジタル化社会となっており、毎日お仕事や学業でパソコンを使用されることでしょう。小さな液晶画面を長時間見続けていると、目の周りの筋肉がこわばってしまい、痛みなどの症状があらわれます。

今ではデジタル機器は、われわれの生活と密接に結ばれており、使用をやめるということはできません。眼精疲労でお悩みになっている場合は、予防対策をしっかりとおこなって賢く付き合うのが望ましいでしょう。そこでここでは、眼精疲労の回復と予防に役立つある食べ物をご紹介します。その食べ物とは、「シジミ」です。

小さな二枚貝で、日本では味噌汁の具材で用いられるケースが多いものです。シジミにはオルニチン、ビタミンBが豊富に含まれています。この2つの成分は眼精疲労に効果的で、網膜のなかにあるルテインの分泌を促す作用もあります。シジミは味噌汁で食べるのもいいですが、炊き込みご飯にするのもおいしいものです。

毎日20グラム程度を目安で食することで、体内にたっぷりの栄養を吸収することが可能です。眼精疲労が長く続くと片頭痛や肩こりを誘発する恐れがあります。それらを未然に防ぐためも、発症を未然に防ぐ努力が必要です。昨今ではサプリメントも販売されているので、それを使用するのもいいでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*