血行を促進させて眼精疲労を改善させる

腰痛や手足の痺れやこむら返りや末端冷え性や緊張型頭痛や首こりや肩こりや神経痛や寝違えや関節痛やむくみなど、血行不良によって起こる不調はたくさんありますが、充血や目の奥の痛みやまぶたの痙攣や重苦しさなどの症状がつきまとう眼精疲労もその一つです。目の周辺組織だけではなく肩も頭も首も背中も同時に痛くなるので仕事が手につかずケアレスミスを連発させてしまう、粘膜と白目の部分が真っ赤でアイラインやアイシャドウやまつ毛エクステが綺麗に映えない、物を見る気が一気に失せて読書や買い物や動画視聴などの趣味も楽しめず日常生活におけるモチベーションが下がるなど、眼精疲労の悩みがあり生活に支障が出ているという方は多いのではないでしょうか。放置すれば悪化して慢性的に症状が出るようになってしまいますので、まずは自分で出来る対策から始めてみましょう。眼精疲労の不快な症状を取り除くための対処法についてですが、目を閉じて蒸気であたためて周辺の凝り固まった緊張状態の筋肉を柔らかく解きほぐす、ツボを刺激したり頭皮マッサージをしたりして血流をアップさせる、運動や水分補給や入浴で全身の血行を促進させる、疲労回復効果が期待できるビタミンB群を目薬や飲み薬やサプリメントでチャージするなどがあります。

セルフでの対処法では不十分で症状が全く緩和されない場合は、眼科クリニックでみてもらいましょう。眼精疲労の裏側に別な病気が隠されているかもしれません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*