眼精疲労の症状を和らげる方法

倦怠感や食欲不振や関節痛や神経痛や胃もたれや喉の痛みや鼻水やこむら返りや湿疹や動悸や耳鳴りや腰痛や肩こりなど、医療機関を受診して検査や治療を受けるほどではないけど不快で仕方ない不調は数え切れないほどありますが、眼精疲労もその代表的な症状です。瞼がピクピクしたり目の奥の重苦しい鈍痛に襲われたり眩しさを感じたり充血したりなどの症状が出るだけではなく、首や肩や背中の筋肉が緊張してこったり吐き気がしたり頭がズキズキと痛んだりなど、目の組織以外の部分にも症状があらわれるというのが眼精疲労の特徴です。不快感がマックスになれば思考力が低下して集中できず仕事のパフォーマンスも落ちますし、イライラや情緒不安定など精神面にも悪影響が及びます。眼精疲労のつらい症状を和らげるための方法についてですが、疲れを取り除く働きをするビタミンB群が配合された目薬や飲み薬で栄養チャージする、こめかみの部分を強めに圧迫したり眉毛を掴むようにしてマッサージしたり目の周りのツボ押しをしたりして緊張をほぐす、骨盤矯正の施術を受けたりストレッチや筋トレや有酸素運動をしたりして全身の血流を促進させる、蒸気で目の周りをあたためたりぬるめのお風呂にゆっくりとつかったりしてめぐりを良くするなどがあります。

インナーケアや物理的なアプローチでは症状が改善されない場合は、眼科を受診して疲れの原因を特定すべきです。ドライアイや合わないコンタクトレンズ・メガネや白内障や緑内障など、違うアプローチが必要な要因が隠されている可能性もあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*