眼精疲労の原因と対策

日常のさまざまことで、眼精疲労は引き起こされます。特に眼精疲労の原因となってしまうのが、スマートフォンやパソコンの作業で目を使いすぎてしまう、同じ姿勢で長時間作業を行う、眩しい環境や強い紫外線、目に風が当たって乾燥してしまったり、眼鏡やコンタクトレンズの度数が合っていない、ドライアイや目の位置のずれなどが挙げられます。このような眼精疲労は、対策をすることによって軽減することが可能です。女性であればアイメイクを控えめにする、という対策をすることができます。

目蓋の縁までしっかりメイクする人も多いですが、不清潔になるとドライアイにつながります。それを避けるためにも濃いアイメイクは控えるように心がけます。空調の位置にも注意が必要です。エアコン直下で作業していると、目に風があたりやすく乾きます。

眼鏡・コンタクトレンズを使い分けるのも有効な方法で、近くを見る用のものと遠くを見る用を用意しておくことや、ブルーライトカット機能があるものを使用するのも眼精疲労対策につながります。長時間同じ姿勢にならないというのも重要で、一時間作業をしたら10分程度休憩を入れてストレッチなどを行うなどを行うことも良いとされています。就寝前などにホットタオルや温かいアイマスクで目元を温める、首や肩のストレッチを行う、目の周りのツボを押すなども目の疲労を改善するのに役立ちます。症状がひどい場合には、病院で相談することも大切です。

眼精疲労のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*