遠近両用レンズの歴史

多くの方が眼鏡やコンタクトレンズを装着して、視力の矯正をなさっていることでしょう。現在ではデジタル社会となって久しく、日常生活のなかで長時間のパソコン作業をなさる方が多くなりました。モニターをずっと見ていると次第に視力が悪くなり、一種の近視となるわけです。大人だけでなく幼いお子さんも弱視の傾向となっており、今後も眼鏡やコンタクトレンズの需要は高まりを見せることが予想できます。

年齢を重ねた方の場合、新聞や本の文字が見えにくいという現象を経験されます。これは老眼というものであり、一般的な眼鏡では矯正ができません。その際に活用をされるのが遠近両用レンズです。そこでここでは簡単に、遠近両用レンズの歴史を紹介していきます。

遠近両用レンズは、1902年に日本で誕生しました。静岡県に本社を構えている硝子工房で誕生をしており、その後国内だけでなく世界各地で使用されるようになりました。日本が誇る職人技によって誕生したレンズであり、1枚で計3つの視界を実現できるのが特徴です。レンズは基本的に凹凸の2種類に分けられますが。

遠近両用レンズの場合は外周と内周で異なった形状をしているのがポイントとなります。これにより、遠くから近くまでくっきりと見ることが可能です。通常は老眼を患った方に向けた製品となりますが、昨今では若い方にも対応をするものがあります。パソコン操作がしやすいのが背景となっており、気軽に作れるものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*