遠近両用レンズの種類

遠近両用レンズとは、文字通り遠くと近くの両方に対応したレンズのことを指しますが、一口に遠近両用レンズと言っても二重焦点レンズと累進レンズの2種類があります。二重焦点は、遠くを見るためのレンズに、近くを見るための小窓のようなレンズが備わったタイプです。境目がはっきりしているので、遠近両用レンズのメガネをかけていることが周囲に気づかれやすく、度数が固定なので見にくい距離が発生するというデメリットがありますが、視野の周辺に歪みが生じないというメリットがあります。加えて、境目がはっきりしていることにより、どこを見たら近くが見えやすくなるのかが分かりやすいというメリットもあります。

一方の累進レンズとは、1枚のレンズの中に遠くを見るための度数と近くを見るための度数が備わっているタイプです。上部に遠く用の度数が、下部に近く用の度数が入っており、その境界はなだらかになっています。境界線がはっきりしていないので、遠近両用レンズのメガネをかけていることを気づかれにくく、中間距離を見るための度数があるというメリットがあります。一方で1枚のレンズ内で度数が変化しているという特性上、周辺部に歪みが生じやすく、斜め方向を見る際に違和感を感じるのがデメリットです。

歪みに慣れるまでに時間がかかる傾向がありますが、一般的な単焦点のレンズと見た目が変わらないので、現在は累進レンズが遠近両用レンズの主流となっています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*