遠近両用レンズが選ばれる理由とは

若いときには近視が気になっていたという方も、年を経るにつれて近くのものも見えづらく、日常生活で眼鏡を付け替える度にわずらわしさを感じているはずです。そのような方におすすめなのが遠近両用レンズなのです。遠近両用レンズという名前を聞いたことがあり、「遠くも近くも見える眼鏡でしょ」と認識されている方も多いでしょう。ですが、なぜ遠くも近くも見えやすいという構造になっているのか実際にはご存知ない方も多いのではないでしょうか。

そこで、どのような構造になっており、遠視にも近視にも対応しているのかをご紹介しますので、ぜひ参考にされてください。実は遠近両用レンズは、上側に遠いところが見えやすいレンズの度数、下側には近い場所を見るための度数が設定されており、この仕組みによって一つの眼鏡で近いところも遠いところも見えるようになっているのです。そして遠近両用眼鏡には、いくつか種類があり、二重焦点レンズと呼ばれているものがあります。これは眼鏡の下部分に小さく窓のようになっているタイプのレンズです。

二重焦点レンズがひと昔前は主流でしたが、最近ではおしゃれを楽しみたいという方向けにレンズに境目のない「累進多焦点レンズ」と呼ばれるタイプが増えてきています。境目がないことで普通の眼鏡と変わらないような見た目です。二重焦点レンズに比べると視野は若干狭くなるものの、見た目に配慮された眼鏡のため、好む方が多いのが特徴です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*