眼鏡のレンズを遠近両用レンズにするメリットとは?

40代半ば以降になると、近くのものがみえずらくなるいわゆる「老眼」の症状が現れてくることが多くなります。老眼の症状が出てくれば、通常は老眼鏡を作って、新聞や本を読むときに使用すれば良いだけで、さほど問題にはなりません。しかし、近視の方は別です。近視の方は、通常遠いものが見えないため、近視用の眼鏡又はコンタクトレンズを使用しています。

これらの眼鏡等は、遠いものを見やすくする性能しかありません。逆に老眼鏡は、近くのものは見やすくなりますが遠くのものは見えないです。従って、近視の方が老眼にもなられた場合、老眼鏡を作っても、近視用の眼鏡等も常に携帯する必要があります。これでは、例えば外食するときに、店につくまでは近視用を装着し、店に着いたら老眼に対応したものに変えてメニューを見なければならず、日常生活に不便を感じることが多くなるでしょう。

そこで、おすすめなのが遠近両用レンズです。遠近両用レンズには最近主流となっている累進レンズと、一昔前まで主流だった二重焦点レンズがあります。二重焦点は簡単にいうと、遠用の中に近用のレンズが出窓のようについているものです。そのため一般的な眼鏡と明らかに違います。

一方累進レンズは、上部が遠いものを見るためのレンズ、下部が近いものを見るためのレンズとわかれていますが、境目がないため見た目は一般的なものと何ら変わることがありませんので、周りに老眼の症状が出ていることを説明する必要はありません。このように遠近両用レンズは今や、一般的なレンズと同じように見えるレンズもありますので、老眼で悩んでいる近視の方は一度検討しても良いでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*