プリプレス工程を削減可能なオンデマンド印刷

印刷の手法の一つにオンデマンド印刷と呼ばれている手法が在ります。一般的に印刷と言うのはプリプレス工程を経た後に印刷と言う流れになります。プリプレス工程と言うのは、印刷用の版下を製作、フィルム撮影、刷版に焼き付けて印刷機で利用する刷版を製作するまでの工程であり、版下製作はコンピュータを使ってページレイアウトを作ることが出来るようになっているので、従来の版下製作と比較すると短時間で製作が出来ると言うメリットが在ります。また、文字組などに置いても従来は写植やタイプライターを用いて行っており、組まれた文字を台紙に貼り付けて版下を製作していましたが、途中で変更や校正による修正などが生じた場合、文字組を打ち直さなければならないと言ったケースも多く在りました。

しかしながら、パソコンを使ってページ製作が出来るようになると、版下製作の工数を大幅に削減する事が出来るようになり、フィルム作成においてもセッター出力が可能になるなどの理由からプリプレス工程は大幅に工数の削減が行われるようになりました。しかし、ページ数が多い印刷物などの場合、プリプレス工程の工数自体は大きくなり、印刷の工数も多く掛かる事になります。オンデマンド印刷は印刷用データが完成した段階で直ぐに印刷工程に入ることが出来る、オンデマンド印刷は製版工程が不要になるため、短時間で印刷物が欲しい場合などにも便利ですし、印刷コストが安くなるため、部数に応じてオンデマンド印刷を選ぶケースが増えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *