オンデマンド印刷と製版工程について

印刷物を製作する時の選択肢の一つにオンデマンド印刷が在ります。製版工程を飛ばせるため、コストを抑えて印刷物を製作する事が出来るメリット、製版工程が無い分、早く印刷物を仕上げられるメリットが在るのがオンデマンド印刷の特徴です。印刷と言うのは、版となる刷版が必要になるのが特徴で、刷版を印刷機にセットする事で紙に転写をして印刷物を製作する事が出来ます。刷版を作るためには元版の版下が必要で在り、版下を製作した後にフィルムの撮影を行います。

このフィルムはポジフィルムであり、ネガフィルムに反転したものを使って刷版に焼き付ける事で印刷の版というものが出来上がると言う事です。刷版製作やフィルム撮影と言うのは製版工程に含まれるものであり、平版印刷やオフセット印刷の場合には必要不可欠な工程となるため、工程にかかる日数やコストなどが印刷物に大きな影響を与える事になります。但し、印刷部数が1000部や1万部、それ以上の部数になることで製版工程にかかるコストは印刷部数の中に含まれていくことになるため、1000部よりも1万部、1万部よりも10万部と言った具合に、印刷部数が多くなる事でコスト自体が平均化されることになるため、コスト自体は低くなります。ですが、50部だけ印刷をしたい、100部だけチラシを作りたいと言った場合、製版工程が在る事で、印刷コストが割高になってしまう事になります。

その点、オンデマンド印刷の場合は部数が少ない場合でもコストを抑える事が出来ると言うメリットを持ちます。コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *