コピー機はリースと買取のどちらがよいか

高性能なコピー機や複合機が毎月少額で使用できるとあり、リースの需要が高まっています。そして、新しい機種が出てくる頻度が高いことで中古市場も拡大し、質の良い中古品を購入できる選択肢も出てきています。では、コピー機はリースと買取ではどちらが良いのでしょうか。主なメリット・デメリットを考えてみましょう。

まず、コピー機をリースする場合は、初期費用はかからず月々の支払額を経費扱いとすることができます。機器の所有権は自分の会社にないため、減価償却費の計上や固定資産税の発生がありません。反対にデメリットは、契約は5年から7年となっていることが多く、途中で解約することができません。また、利用にあたってはリース会社の審査が必要です。

一方、コピー機の買い取りのメリットは、所有権が自分の会社にあるため、売却や譲渡を簡単に行うことができます。また、契約期間の概念がないため、気に入った機種があれば買い替えることができます。この点は、質の良い中古品を購入したい場合によりメリットを感じやすいに違いありません。反対にデメリットは、初期費用がかかり、一定金額未満の機器であれば少額資産扱いできるものの、減価償却費の計上といった事務作業が増え、固定資産税の納付も必要となります。

以上の点が、コピー機をリースする場合と購入する場合の違いとなりますが、機器の使用方法や予算・決算対策などの面を考えると、どちらが良いかは会社の状況次第ということができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *