満足度の高いコピー機のリース会社の注目すべき特徴

会社を運営する際には、オフィス内で必須のOA機器があり、コピー機などは代表的な存在です。パソコンを完備していることは勿論ですが、最新の機種では無線LAN経由でスマートホンやタブレットなどからも出力を行える機能性もあり、仕事をする上では欠かせない機器です。大型複合機が基本とされており、単にコピーをするだけの機能ではなく、FAXや通信手段としての利用も行える機種が一般的です。大型複合機はかなりの高額商品になるので会社にとっては大きな負担額になるので、自社購入ではなくリース会社を利用する方法が最適な導入方法と考えることができます。

コピー機のリースにおいては、月額制を導入しており初期費用は掛からない会社があり、顧客の満足度の高い企業は何社も営業をしています。満足度の高さの中には、費用に関することもあり、月額5、000円程度から高額な機種を借りることができます。この契約であれば導入した側は経費として月額料を計算することができるので、少しではありますが節税効果も感じ取れます。従来型のコピー機のリース会社の場合は、印刷をする際にはカウンター方式でカウントされ、その枚数によって月額料が変動するという契約が多くありました。

最近の満足度の高い会社の場合は、カウンター方式を撤廃して、トナーの交換費用だけを徴収するという方法で、尚且つトナー料金を格安で提供しています。メンテナンスもきちんと行っていることも満足度は高く、何もなくても定期的な点検を行うことや、使用中に問題が起きた際にも、駆け付けサポートを十分にしている会社も人気の特徴です。契約年数が終了した時点であれば、新機種に交換することもできるので、結果的に常に最新の機種をリースできることは会社にとって注目すべきメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *