コピー機, ビジネス/オフィス, レンタル

増加傾向にある卓上カレンダー印刷について

スマートフォンなどで簡単にカレンダー情報を検索することができるようになった現代においても、紙のカレンダーの需要が失われる事はありませんでした。そのため壁掛けカレンダーや卓上カレンダーなど、様々なカレンダーが製造販売されています。毎年年末が近づいてくると様々な場所で次年度のカレンダーが販売されるようになりますが、ほとんどの企業はわざわざカレンダーを買うことなく入手することが可能です。それは年末の挨拶回りで取引先企業がカレンダーをくれるからです。

現在の日本のビジネスシーンにおいてカレンダーの手土産は非常に一般的なものになりました。一般企業や団体にとってカレンダー印刷はある種の宣伝活動になっています。カレンダー印刷をする際に、紙面のどこかに自分の会社の社名やサービスの名称などを印刷するのが最も基本となる手法です。実際に使われるカレンダーの中に自社名やサービス名をさりげなく掲示することによる知名度の向上が期待できるのです。

このような効果を期待して多くの企業がカレンダー印刷を行い無償で配布しています。少し前までは壁掛けカレンダーがそのような目的で作られるカレンダーの主力商品でしたが、競争激化により採用されなくなるケースが増えてきた現在においては卓上カレンダーが変わって人気を集めるようになってきています。壁掛けカレンダーは小さく故国媒体としては控えめではあるものの、壁掛けカレンダーでは得られないような多くの需要を生み出すことができるため人気を集めています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です