コピー機をリースで利用するメリット

オフィスでコピー機が必要となった時に、リースを利用することを選択する人が増えています。ペーパーレス化を推進している企業も多いですが、紙に印刷された文字情報は必ず必要となるため、コピー機は不可欠であると言えるでしょう。コピー機をリースで使用することができる期間は、通常3~6年位です。所有権はリース会社にあり、一旦契約をすると途中で解約することはできません。

使用する製品を選択することができ、初期費用がかからないため、コストは削減することができるでしょう。レンタルという方法もまります。レンタルの場合は、3ヵ月~3年位利用することができ、途中解約も可能です。ただしレンタルする製品を選ぶことができず、初期費用もかかるという点がデメリットと言えるでしょう。

リースでコピー機を利用する最大のメリットは、コスト面が分かりやすいという点です。リース代金は費用として計上することになり、毎月固定の費用となるため、ランニングコストとして把握しやすくなります。また、初期費用がかからない分を、別の使途に回すことが可能です。長期間使用することが前提となるため、月額の費用は比較的安くなる傾向にあります。

さらに、最新の機種を導入することも可能であり、アフターケアも万全です。イベントや短期間の事務所設立の場合は、レンタルもよいですが、長期間利用することが分かっていれば、かなりお得に最新機種を使用することができるため企業にとっては魅力的であると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *