カレンダー印刷について

カレンダー印刷とは、オリジナルデザインに基づきカレンダーを作成することです。カレンダーには机上に置いて使える卓上タイプと、壁につり下げたり貼ったりして用いる壁掛けタイプがあります。卓上タイプにはリングなどで綴じて山型に立てて使うリングタイプや、CDケースのようなプラスチックケースに入っているプラスチックケース型とあります。壁掛けタイプには冊子のような形で開いて使用する中綴じ冊子タイプ、カレンダー上部をリングで綴じるリング綴じタイプ、一枚の紙に芸能人や風景画などと一緒に月日を表示するポスタータイプなどがあります。

カレンダー印刷は主に印刷業者が請け負います。印刷業者はサービスの一部としてクライアントが希望する写真やイラストをもとに、もしくはデザイナーを使ってクライアントが希望するタイプのカレンダーを作成し、納品します。カレンダー印刷のクライアントは主に企業です。年末のあいさつ回りに際の手土産として、自社のサービスやブランドが印刷されたカレンダーを配ることで宣伝効果を狙います。

以前は企業の手土産として壁掛けカレンダーが多く採用されていました。しかし、近年では多くの企業がこのようなオリジナルカレンダーを手土産として採用しているため、配っても使われない可能性が少なくありません。そこで最近では卓上カレンダーを採用する企業が増えてきています。卓上カレンダーは壁掛けカレンダーに比べると宣伝効果は弱いですが、机の数だけニーズがあるので使ってもらえる可能性が高いからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *