3年以内の導入なら、コピー機はレンタルがお勧め

オフィスにコピー機を設置すると業務効率が飛躍的に向上しますし、コンビニなどを訪問してコピーする必要もなくなるため、時間の節約にもつながります。そして、コピー機を購入できる資金を確保することができない場合、レンタルがリースの2つの選択が基本になります。どちらのプランを採用するかは状況にもよりますが、基本的には利用期間をベースに考えると良いでしょう。一般的な目安は、期間が3年を超えるかどうかとされます。

つまり、3年以上ならばリースがお得、3年以内ならばレンタルの方がお得になるのが基本です。なぜ3年が目安になるのかと言いますと、3年以内にリース契約を解約した場合、違約金の額が相当に大きくなるためです。レンタルはリースに比べると割高感がありますが、違約金が高いケースでは、レンタルの方が安くなります。また、コピー機をレンタルで間に合わせることで、長期契約のしがらみから解放されるメリットも生じます。

近年では、グローバル化の影響が大きく、ビジネスの競争が激化しています。企業30年説という言葉がありますが、現在においては会社を30年持続させることは至難の業と言っても過言ではありません。そのため、短期間で集中して利益を上げ、企業価値を高め、他の企業に売却する方法を選ぶ起業家も増えています。こうした道を採用する際、コピー機の導入が5年以上の長期になることを想定しているいるリース契約を選択したことが、かえって収益を減らす可能性があります。

長期的に取り組むビジネスプランでないならば、敢えてリースを選択しないという方法を検討すべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *