コピー機の短期利用はレンタルで決まり

期間限定のプロジェクトやイベントでコピー機が必要な場合、あるいは工事現場の仮設事務所などに工事期間中だけ一時的にコピー機を設置するとなれば、レンタルが非常に便利です。長期契約を前提としているリースと違い、柔軟に活用することができるからです。延長や解約も原則として認められています。つまり、想定していた期間よりも長期間レンタルが必要な場合、逆に予定よりも早く返却できる場合のいずれについても、フレキシブルな対応が行われます。

評判の良いレンタル会社を活用すれば、調整やクリーニングといったメンテナンスが丁寧に実施されたコピー機が貸し出されることになります。万一のトラブルの際には、修理対応もしっかりと行われるので安心です。機械のトラブルが起きないか不安という場合は、実績のあるパートナーを選ぶことを心がけましょう。リースと違って借り手を選ばないこともレンタルの大きな魅力です。

リースでは、株式会社などの法人であることを利用条件としているケースが多々見られます。それに対し、レンタルは個人事業主やフリーランスであっても、非営利団体や個人であったとしても問題なく利用することができます。審査不要で借り手を選ばないため、契約をすぐさま結ぶことも可能です。そのため、コピー機を設置場所に置いてもらうまでの所要時間は、格段にスピーディーになります。

都合により、3日後にマシンを導入したいというケースでも対応してもらえる可能性は十分にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *