コピー機を短期間利用する場合はレンタルがお得

コピー機を導入する際、いくつか選択肢があります。

購入、レンタル契約、リース契約の3つです。購入の場合は当然ながら初期コストが高くつきます。一方でランニングコストは安くすむと考えて購入を選ぶ人も多いようですが、インク代やメンテナンス費用などのランニングコストは意外とかかるものです。購入するよりも格段にコストが安くすむのはコピー機のレンタルです。リースという選択肢もありますが、契約満了時には本体を購入した場合よりもコストが高くなってしまうのが普通です。本体価格だけでなく、金利や保険料、手数料などの付加的な費用も発生するからです。短期間の利用を予定している場合は断然レンタルがお得です。通常は2~3日から借りることができ、最短では1日からコピー機を貸し出している会社もあります。

ただ、会社側が機種を指定することが一般的であるため、型落ちや中古の機種になってしまうデメリットはありますが、機種に特にこだわりがなければ気にすることはないでしょう。リースの場合はもうひとつ大きなデメリットがあります。それは途中解約ができないことです。ある程度の期間使い続ける予定があれば別ですが、途中で使わなくなる可能性があったり、他の人に譲渡する予定がある場合などは、リースではなくレンタルの方がお得です。またレンタルの場合は審査がないことも魅力です。リースの場合、審査の結果によってはリースを断られてしまう可能性もありえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *