コピー機ならレンタルがおすすめ

コピー機を導入したいと考えているのならレンタルから始めてみませんか。

コピー機を導入する方法にはレンタルの他にリースや購入と言う方法がありますが、それぞれメリットデメリットが存在します。コピー機を購入する方法は資産になるというメリットは有りますが、メンテナンスを行う人材の確保やインクの購入など維持必要なコストを自分で賄わなければなりません。新しい機種に交換したい場合にはまた新たに経費が掛かるため、頻繁にコピーを行う会社にはあまりむいていない方法と言えます。リースは同じ機種と決められた一定期間の間使い続けることを条件に、レンタル料金を安くしたプランと考えると良いでしょう。

白黒印刷しか行わない、新しい機能はさほど使わないケースなどではコストを安く抑えることが出来ますが、インターネットに繋ぎたいなど常に最新機種でないと使えないような新たな機能を使いこなす必要がある会社にはあまり向いていません。契約期間中に解約を行いたい場合には違約金が発生するほか、審査には時間もかかるためすぐにコピー機を必要としている場合にもあまり向いた方法とは言えません。その点レンタルであれば1日から借りることができるため、短期間で様々な機種を試したい方やイベントで使用したいケースなどに特に向いています。サイズ感などを確かめたい方にも向いた方法で、審査をせずにすぐに借りることも可能となっているので急ぎでコピー機を必要としている方にもおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *