コピー機, ビジネス/オフィス, リース

小部数にメリットが活かされるオンデマンド印刷

オンデマンド印刷では100部や500部と言った、比較的小ロットの印刷物に対してメリットが活かされると言います。逆に、1万部や10万部と言った印刷の場合にはオンデマンド印刷ではなく、オフセット印刷などで行う方が印刷コストを抑えられると言われています。この様に言われている理由は製版工程においてのコストが関係しているのです。製版工程におけるコストと言うのは、刷版に焼き付けるためのフィルム作成や刷版製作などになります。

ページ数が多くなる事で、フィルム撮りする枚数が多くなりますし、オフセット印刷の場合はフィルムを反転した形で銅板などの刷版に焼き付ける事で印刷に利用する版を作り出すことが出来ます。刷版についてもページ毎に製作が必要になるため、ページ数が多い場合の製版工程のコストや時間というものが多く掛かる事になります。印刷部数は多くなる事で1部当たりの単価は安くなるため、部数が多い場合にオフセット印刷を選んでもコストが高くつかないと言うメリットが在ります。また、オンデマンド印刷はレーザープリンターの高級版のような出力機を使う事になるため、トナーなどのコストを考えた場合、印刷部数が多くなる事で刷版を製作するオフセット印刷よりも1部当たりの印刷コストは高くなり、部数がおおくなるほどコストが上昇していくことからも、印刷部数が少ない場合は刷版が不要なオンデマンド印刷、印刷物数が多い場合は刷版を製作するオフセット印刷を選ぶ事で1部当たりの単価を抑える事が出来るようになると言う事です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です